2005年02月26日

私の茶との関わり方 と tea/tea 0号

今まで書いた記事を少しずつ出していこうと思います。

このTEA/TEAは、ティーパーティーと読みまして、1998年から1999年ごろ、広告を取って紅茶屋さんなどで販売したり自宅から発送したりして行っていた、oeufが自主発行していた雑誌です。

本当は有料だったから、今こういった形で公表するのはどうなのか、ここ何年か悩んでいたんですが、考えてみるともう7年も前になります。情報が古いということも十分にありうる。それでもなおかつ、私のような記事を書いた人はいないと、結構確信して思えるので、やはり著者のエゴかもしれませんが、公表したいと思います。

この先、また新たに記事を書き、広告を取って発表するということがあったら、そのとき、それは有料にすべきかもしれません。でも、私が紅茶の勉強を始めたのは、お金を得たかったからではないし、教えてくださったのも皆さん素晴らしいプロの方々ばかりで、私のあまりの茶馬鹿さ加減にうたれて(?)無料で教えてくださっていました。自分の味覚や感覚や若干の語学を使って、新しい情報を仕入れ、紅茶屋さんの横のつながりに少し貢献し、新茶がでたら必ずお金を払って茶を買い、そうして教えていただいた恩返しをしてきました。

結果として、ぶっちゃけてしまえば、自腹を切り過ぎて、文字通り「茶で身上つぶし」かけたのですよ。ほとんどね。それで茶を買いながら、学んでいくということが続けられなくなりました。

かなりの数のお茶の記事、著作をなさってる方が、お茶を売っておられますね。私は過去一度もお茶を売ったことがありません。これから先も一切売りません。私が買っておいしかったお茶は、欲しいという方に分配のお手伝いをすることがあります。でも手数料などは一切取りません。

特定のお茶屋さんとの契約もありません。だからいわゆる「ちょうちん記事」という、契約があるからこの店の茶は褒める、ということも一切しません。そのやり方を通してきたからこそ、いくつかのお茶屋さんとの信頼関係があります。そのお茶屋さん達にも明言しているのは「そちらのお茶がまずいと思ったら、まずいと言う。まずいと書く。」それを納得していただいた上で、私の意見を丁寧にきいてくださる、良心的なお茶屋さんがあります。
そういうお茶屋さんとの関係をここ10年近く、なんとか続けてきています。

過去にお茶を教えたこともありますが、2000円の茶葉を使ったら、人数分に分けて、使わなかった分はおみやげで持ってかえってもらってました。茶菓子も同じ。それで手数料や講師料はとっていませんでした。実費のみ。
まあ、カルチャースクールみたいなところでは、そのやり方を受け入れてもらえなかったので、講師料としてもらわなければいけない金額の大半を、よい茶葉を買うのに使い、こっそり皆さんにお分けしていました。

茶は、私にとって、本気の遊びです。しかも、私は無料でプロから知識をもらいました。ただ茶好きだっていうだけで。だから、茶を語ったり、茶を扱ったりするのに、お金はもらいません。

一度だけの例外がこの雑誌です。でもやはり例外ではないかな。紙代送料、茶代(おまけでつけていました)全部入れたら、広告をいただいていても自腹のほうが多かった。それでもなお続けたかったのは、いったい何故なんでしょう。

諸事情で、うやむやに止めざるを得ませんでした。身上つぶしかけたからのことです。辞めたときには、7年前には言葉にする勇気もありませんでした。あのときの方々がひょっとしてこれを読んでくださるようなことがあれば、心からお礼とおわびを申し上げたい。本当にありがとうございました。本当にごめんなさい。

そういったいろんな思いのつまった自主雑誌です。PDFで、これは創刊準備号なので200kBちょっと。
当時はPDFという形態も知られていないなかで、試行錯誤で発行しつづけた、私の茶にたいする愛情そのものの雑誌です。

右クリック、あるいはctrl+クリックで、ハードディスクなどに保存してからご覧ください。
tea0.jpg
tea/tea 0号(白黒、印刷できます、約226KB)


Acrobat readerが必要となりますので、もしない方はこちらからどうぞ。
acrobat readerをゲットするにはこちらをクリック

誰か1人でもこの記事で喜んでいただけたら、本当に嬉しい。ただそれだけでここまで来ました。
ここまで来れて嬉しい。支えてくださった方、支えてくださる方、皆さんにどうもありがとう。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。