2005年02月20日

まいった 美しい工芸茶(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

まいった 美しい工芸茶 2005-01-06 13:25

美しい工芸茶(友人の平田さんのところのブログ「Tea Recipe」より)


やー新年からこんなに美しいものを目にする機会に恵まれて、本当にありがとうです。
美し過ぎ。
こういう細工をしてある茶のことをいつも何と呼んでよいのかわからないまま、パーティーにびっくり茶みたいな扱い(申し訳ない)で扱っていた私ですが、今日から心を入れ替えます。
これはアートだ。美しい。まいった。
平田さんありがとう。

私の英語とフランス語のサイトでもリンクさせてください。ただ余計なリンクが増えると申し訳ないので、TBとしては控えさせていただきますけれどご容赦ください。
茶は深いね。本当に。


posted by oeuf at 10:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉 feuille de the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。