2005年02月20日

クリームティーにマーマレード(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

クリームティーにマーマレード 2004-11-05 05:43

(TB元の執筆者のひらたさんは長年の茶友達といいますか、よき友人です)

[紅茶 th�� anglais]クリームティーにマーマレード



クリームティーにマーマレード 2004-11-05 05:43クリームティーにマーマレード(ブログ「Tea Recipe」より)

いや、無視できない話題が...。
でもね、クリームティーはうまいけれど、マーマレードもよいけれど、最高なのはハチミツです。
イタリア産かフランス産。あるいはナッツ入りのハチミツってのも輸入食材屋で手に入りますからね。
ぜひ、これもご賞味あれ。戻れない道にはまります。

ちなみに、マーマレードだったらスコットランド産の砂糖が入ってないやつがおすすめ。でも名前忘れた。
個人的にはブルーベリージャムのほうが好き。フォションがいいな。
クリームティーにあうジャムは数十種類試したわたしがいうんだから、ちょっと信じてみるといいことあるかもです。
クリームティーにあうジャムを、一般的に述べるなら、甘みがどすんとたっていて、酸味、苦みはほとんどなく、ジャムだけで食べると日本人的には「勘弁」というほど甘い。こんな感じですかね。

反論待ってますー:)


posted by oeuf at 08:31| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 茶菓子 gateau avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こりゃぁ気になります(笑)

個人的にはいちごのジャムが好きなんですが、
きっとoeufさんのことだから飽きるほど食べてそう。
サンダルフォーのいちごは試したことがあります。他で何かオススメ・悪くないぜ、ないちごジャムがあったら教えて下さいまし♪
Posted by crepe at 2005年02月26日 22:55
こんにちはcrepeさん。
そうねー私は実はいちごジャムってあんまり好みじゃないので食べないのですが、主人は「bon maman」ボン・ママンの、って言ってます。フランス国粋主義者ですから、放っておきましょう(フランス人は皆そうですけれどね)。でもボン・ママンは悪くない選択ですよ。
私が探しまくったのは、ブルーベリーのジャムでして、これは多分数十種類試しました。で、味の強さからすると、フォションが高いけれどやっぱりおいしいなと。
ここで主人の横やりが入りました。
「高過ぎです」(原文ママ)。というわけでフランス国粋主義者といえども擁護できない値段だそうです。ま、これも横にさらっと流して、後はどこのがというわけではないけれど、「果物」の他に化学物質、砂糖、が入っていないものをオススメしますね。自然の味がする。
確か、青山の紀伊国屋とかは、昔豊富なチョイスがあったように記憶しています。個人的にはイタリアのジャムが根性ある味で好き。サンダルフォーもおいしいです。大好き。でも多分スコーンにクロテッドクリームだと味がまけます。そこで主人「高過ぎです」フォションの登場となるんですね。高過ぎてもあの味の強さは真似できない。
いちごはどうでしょうねー。ごめんなさい。参考になるようなならないようなコメントで。
Posted by oeuf at 2005年02月27日 18:14
いえいえ、詳しくありがとうございます♪
なる〜・・ブルーベリーも美味しそう!
フォションだったらこっちでも買いやすいですし。
そのフォションのブルーベリーがとても気になりはじめ・・ほっぺた落ちまくりで幾つあっても足りませんな!><

Posted by crepe at 2005年02月27日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。