2005年02月20日

フランスから見た茶文化- le monde diplomatique -(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

フランスから見た茶文化- le monde diplomatique - 2004-11-03 05:40

フランスって国は、茶文化から見ると遠い感じですよね。
実際、遠いです。でも意外な展開といえばそーですが、フランスには中国人がとっても多いんです。
それからカンボジア人とかベトナム人とかもね。いわずもがな日本人街もございます。

ほら、少し茶文化との距離が見えてきました?
つまり、自分達では好んで飲んだりしないけど、
茶好きな友人は知ってる、ぐらいの距離ですかね。
実際、中国まで出向くフランス人も多くて、
日本にいる私の知り合いのフランス人の何割かは
「中国語を習いに中国に行ってたら、そこで初めて日本って国を知った」
という感じでした。

もちろん私のまわりが異常に高確率な可能性も高いけれどね。
うちの主人は、イギリスに遊びに行ってて、
日本人と友達になって日本を知ったパターンです。
後は、もっと日本がフランスに憧れてた時代とか、
日本人と文通したりしたおじいさんから、
日本のことを知りました、みたいなパターンもあるけどね。

ま、いいや。で、名前ぐらいはきいたことあるでしょ、
のフランスの新聞「le monde」ルモンド。
これの月刊評論紙(とでもいったらいいのかな)
まあ社説が1つにまとまったような感じとでもいえばいいか
「le monde diplomatique」(ルモンドディプロマティーク)
ってのがあって、これの10月号に茶が載ったんです。
ありがたいことにこれは、日本語になってる記事があって
日本語で読めます。

お茶の歴史は神農から?(ルモンドディプロマティーク日本語版 2004年10月)
http://www.diplo.jp/articles04/0410-5.html

Celui qui ne boit pas de the peut-il etre chinois?? (le monde diplomatique フランス語版 2004年10月)
(直訳:茶を飲まないのは誰?中国人じゃないの?)
http://www.monde-diplomatique.fr/2004/10/ZUFFEREY/11561?var_recherche=Nicolas+Zufferey+

ってタイトルからしても日本語版のボランティア翻訳陣が苦心惨憺した感じが伝わりますけどね。
最初、フランス人が書いた茶の記事ー!?とかなり斜め視線で読んでたんだけど、なかなかこれが面白い。
この人は茶好きじゃなさそーだなーとは思ったけれどね。
でも、ちゃんと中国語の資料とかあたってるし、冷静なコメントとしてはなかなか面白かったです。

一読する価値はあるかもね。

原文から読んでみたい人は、こちらもおすすめ
オンライン翻訳サイト(フランス語から日本語はちょっと悲惨、フランス語から英語がましよ)
http://www.worldlingo.com/products_services/worldlingo_translator.htm


posted by oeuf at 08:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶の記事 nouvelle lie par the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。