2005年02月28日

ダージリン・オータムナル「プッタボン農園」

私の茶好きの歴史の中で、やっぱり一番長いのがダージリン。これに惚れて茶好きになったともいえますもの。
久しぶりにケーキなんぞを食べるのに、気合いいれてしまいましたの、プッタボン農園。
禁じ手の1年前、2004年1月のダージリンでございます。古いけれど封はあけてなかったのよ。
封をあけるとふんわりよい香り。この香りがダメダメだったら、脱臭剤にしようと思ってあけたけれど、よい香りだったから、「まだ私おいしいのよっ」っていってる気がして、よしよしいれてあげようね、ってことになりました。

茶葉はこちら。クリックすると拡大します。
DSCI0007.JPG

決して理想的なダージリンなんかじゃありません。芽の部分、俗にいうシルバーチップスなんて、ほんのちょっと入っているぐらいです。でもどこからくるんでしょう、このやわらかい香り。オータムナルです。

オータムナルは、ダージリンの収穫できるシーズン、春・夏・秋のうち、秋に収穫されたもの。その年最後のお茶になります。日本では年明けあたりからでまわるお茶。でもなかなか専門店じゃないと昔は手に入らなかった。
今はわりと流通しているのかな。
オータムナルは、私にとって、元気でやんちゃな春のファーストフラッシュ、充実してちょっと大人の夏のセカンドフラッシュに比べると、老年期を目にしてすべてを受け入れる秋という感じがするのです。
派手じゃない、賑やかでもない、満ちてもいない、枯れたダージリンがそこにあります。

ダージリンは農園名で語られることが多いけれど、プッタボン農園は有名な農園の1つ。私の印象は「ちょっとおきゃん」かな。でもどの茶でもそうだけど、茶を育てる人が移籍すると農園の茶葉の味は変わります。だから私の印象は数年前のもの。今は違うかもしれない。

今回飲んだプッタボンは、「へぇ。あんたも大人になったじゃないのー」と久しぶりに会った、すごく年下のいとこを見る気分でした。かわいい、でもちゃんとオータムナル。

水色はこんな感じ。でも実際はもっともっと山吹色です。煎茶の色に近いと思ってもらったほうがいい。
クリックすると拡大します。
P1010077.JPG

そう、きっと和菓子とかフルーツたっぷりのお菓子にあいます。それかレアクリームチーズなんかのケーキ。あくまでかーるくって感じのお菓子が向きます。
焼き菓子、カラメル系では負けるでしょう。お食事中のお茶としても多分負けます。

そんなかわいいプッタボン農園のダージリン、オータムナル君が、今回の「茶葉小分けの会」に登場です。

友人経由で手にいれたので、50g1000円(だったような気がする...)。だけど古いお茶だから、1ヶ月以内にできれば飲み切ってほしいんです。というわけで半値の500円(これで記憶違いでも許されるでしょー、100g1000円は絶対したから)。というわけで、25gで250円ぽっきり。手渡しだったからこれ以上のお金は払っていないんです。お送りするときの送料が120円。袋代とか入れて400円でどーだ。

プッタボン農園のダージリン、オータムナル君, 25gで400円。この値段でダージリンは試せないでしょ。味は飲んだからoeufの保証付。封をあけたてといっても1年前の茶であることを了解した上で、欲しい方は手をあげてっ。
これはブツそのものがもう手持ちしかないので、1人か2人にしかあげられません。

ってことで、可愛いこの子、試したい方、手をあげてっ!



posted by oeuf at 20:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期イベント「茶葉小分けの会」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

私の茶との関わり方 と tea/tea 0号

今まで書いた記事を少しずつ出していこうと思います。

このTEA/TEAは、ティーパーティーと読みまして、1998年から1999年ごろ、広告を取って紅茶屋さんなどで販売したり自宅から発送したりして行っていた、oeufが自主発行していた雑誌です。

本当は有料だったから、今こういった形で公表するのはどうなのか、ここ何年か悩んでいたんですが、考えてみるともう7年も前になります。情報が古いということも十分にありうる。それでもなおかつ、私のような記事を書いた人はいないと、結構確信して思えるので、やはり著者のエゴかもしれませんが、公表したいと思います。

この先、また新たに記事を書き、広告を取って発表するということがあったら、そのとき、それは有料にすべきかもしれません。でも、私が紅茶の勉強を始めたのは、お金を得たかったからではないし、教えてくださったのも皆さん素晴らしいプロの方々ばかりで、私のあまりの茶馬鹿さ加減にうたれて(?)無料で教えてくださっていました。自分の味覚や感覚や若干の語学を使って、新しい情報を仕入れ、紅茶屋さんの横のつながりに少し貢献し、新茶がでたら必ずお金を払って茶を買い、そうして教えていただいた恩返しをしてきました。

結果として、ぶっちゃけてしまえば、自腹を切り過ぎて、文字通り「茶で身上つぶし」かけたのですよ。ほとんどね。それで茶を買いながら、学んでいくということが続けられなくなりました。

かなりの数のお茶の記事、著作をなさってる方が、お茶を売っておられますね。私は過去一度もお茶を売ったことがありません。これから先も一切売りません。私が買っておいしかったお茶は、欲しいという方に分配のお手伝いをすることがあります。でも手数料などは一切取りません。

特定のお茶屋さんとの契約もありません。だからいわゆる「ちょうちん記事」という、契約があるからこの店の茶は褒める、ということも一切しません。そのやり方を通してきたからこそ、いくつかのお茶屋さんとの信頼関係があります。そのお茶屋さん達にも明言しているのは「そちらのお茶がまずいと思ったら、まずいと言う。まずいと書く。」それを納得していただいた上で、私の意見を丁寧にきいてくださる、良心的なお茶屋さんがあります。
そういうお茶屋さんとの関係をここ10年近く、なんとか続けてきています。

過去にお茶を教えたこともありますが、2000円の茶葉を使ったら、人数分に分けて、使わなかった分はおみやげで持ってかえってもらってました。茶菓子も同じ。それで手数料や講師料はとっていませんでした。実費のみ。
まあ、カルチャースクールみたいなところでは、そのやり方を受け入れてもらえなかったので、講師料としてもらわなければいけない金額の大半を、よい茶葉を買うのに使い、こっそり皆さんにお分けしていました。

茶は、私にとって、本気の遊びです。しかも、私は無料でプロから知識をもらいました。ただ茶好きだっていうだけで。だから、茶を語ったり、茶を扱ったりするのに、お金はもらいません。

一度だけの例外がこの雑誌です。でもやはり例外ではないかな。紙代送料、茶代(おまけでつけていました)全部入れたら、広告をいただいていても自腹のほうが多かった。それでもなお続けたかったのは、いったい何故なんでしょう。

諸事情で、うやむやに止めざるを得ませんでした。身上つぶしかけたからのことです。辞めたときには、7年前には言葉にする勇気もありませんでした。あのときの方々がひょっとしてこれを読んでくださるようなことがあれば、心からお礼とおわびを申し上げたい。本当にありがとうございました。本当にごめんなさい。

そういったいろんな思いのつまった自主雑誌です。PDFで、これは創刊準備号なので200kBちょっと。
当時はPDFという形態も知られていないなかで、試行錯誤で発行しつづけた、私の茶にたいする愛情そのものの雑誌です。

右クリック、あるいはctrl+クリックで、ハードディスクなどに保存してからご覧ください。
tea0.jpg
tea/tea 0号(白黒、印刷できます、約226KB)


Acrobat readerが必要となりますので、もしない方はこちらからどうぞ。
acrobat readerをゲットするにはこちらをクリック

誰か1人でもこの記事で喜んでいただけたら、本当に嬉しい。ただそれだけでここまで来ました。
ここまで来れて嬉しい。支えてくださった方、支えてくださる方、皆さんにどうもありがとう。

2005年02月24日

茶葉小分けにして分けようかなー

いつもお茶のことを始めると悩むのがこれ。
お茶って1つ買うぐらいだったらなんとかなるけれど、勉強したい人とかには1種類買って、試してーなんてやっていたら日がくれてしまう。最低1シーズン5種類とか10種類ぐらいは試したい。だけど、お金もないし、買ったって飲み切れない!
そういうわけでいつも思いつくのがこれ。
茶葉を小分けにして分けて送ってあげたら、いろいろ試せるじゃない?

例えば、前述のプアール茶。
これ、250g 1050円かな。なので、25g 105円。
店から送ってもらってるから、送料分を入れて、だいたい170円
郵便で送れば定形外だったとしても120円プラスで290円。
封筒代とか袋代とかを入れて、350円。
25gで350円なら小分けで分けることができるなーって。
うちみたいに常飲で250gを二十日ぐらいかけて飲むから、10分の1なら2回分ぐらいにはなるでしょう。
どう、このアイディア?

例えば、事前にこの「茶葉小分けの会」に参加するって人が4人入れば、例えば100g 2000円のダージリンとか100g1200円のディンブラとかも小分けにして、4種類詰め合わせみたいなのをやっても、楽しいかも。
100g2000円だと20gで400円。100g1200円だと20g 240円。例えばキームンは100g2000円ぐらいだから20g400円。これにプアールで25g 170円。計1210円なーりー。
トータルの重さ、85gで、送料140円プラスで1350円。封筒代とか袋代とかを入れて、1400円。
概算だけど1人1400円払ってもいいよんって人が4人いたら、4種類分けることができるってことになるわん。


どうかしら、やってみたい人いるかしら?4人ぐらいなら集まりそうな気がするけど。
セレクションはこちらでします。というのは、「私のお勧めを味わっていただきたいなー」というのがあるので。
1種類ごとのほうが高くなるけど、このお茶葉の小分け、欲しいわーと自分では選んでもらえる。
4種類だと安くて、私のオススメになる、と。

インターネットやってる方じゃなくても友人にいらっしゃればOKよ。
茶葉飲み尽くすのはお金がかかるから、こうやって智慧をしぼらないとねー。

はい、やってみたい人、手をあげてっ。
posted by oeuf at 06:08| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | 不定期イベント「茶葉小分けの会」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

お茶が異常においしーとき

お茶が異常においしーときってありません?
それって身体が「お茶くれー」っていってるんですよー。
多分体調の悪いとき、多分咽喉がすっごいカラカラのとき、人によってさまざまだけど、こんなときは迷わず毛一杯。身体の欲求に答えてあげるのって、意外と大切です。

でも、この「ほしーよー」機能、日頃の生活ですぐだめになっちゃいますから気をつけて。
食生活が化学調味料メインになったり、自然のものを食べてないと、この「ほしーよー」機能は人間の動物的機能の1つだから働かなくなっちゃいます。一度働かなくなると、元に戻すのは倍の労力がかかるといわれているし、元にもどんないってこともあるんですね。

だから、毎日の生活、大事にしましょ。そうしたら身体がちゃんと「好き」「嫌い」「おいしー」「ほしー」を冗舌にしゃべるようになってくれます。その声をよく聴くこと、これが自分にとって「おいしー」お茶を選ぶ最初の一歩です。「ほしー」ものをあげれば、必ず「おいしー」。皆そうでしょ? 身体もそーです。
posted by oeuf at 06:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

大きくなったら何になろう?

これも「くだんねー」ですが、日本もフランス人も同じなのねーと笑えます。

子供たちの夢 reve d' enfants
(日仏併記のPowerPoint書類、リンクの上で右クリックするか、macの方はcontrolキー+クリックで「リンクをディスクにダウンロード」などでファイルを保存してからご覧くださいまし。)
posted by oeuf at 14:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス・ジョーク blague a la francais | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身体に悪いもの

フランス人の妻ってのをやってると、主人の親類や友人から「ったくくだんねー」というメールをよくもらいます。どうやらフランス人というのはこんなんを回し読みしてるらしいですな。変な人たち。

ってことで、今日まわってきた「ったくくだんねー」けど、なかなかナイスな画像をどうぞ。

確かに!って感じです。
見て見てーーー!
posted by oeuf at 14:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス・ジョーク blague a la francais | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プアール茶の茶葉

茶葉をとっくり見る機会なんてないですよね。念願の超近距離撮影テクニックを身に付けたので、写真を撮りました。
じっくり見てください。(写真クリックで拡大写真が見れます)

the.JPG

これは以前のプアール沱茶を崩した状態。へたくそなので、完全には崩れてませんけれどね。

さて、プアール茶を語りますから、写真でも眺めながら、お茶飲みながら、ぼーっと読んでくださいな。
この怠け方が茶的生活の第一歩。ちなみに私は10年ぐらい前に「紅茶的生活」ってサイトとかもやっておりました。
紅茶的生活、茶的生活どちらでもいいけれど、力を入れずに、ぼぅっとぼんやりのらりくらりのリズムで生きる。
今でいうスローライフですかね? でもなんかスローライフっていうのともリズムが違います。
ただスローなのでなく、呼吸をするリズムで生きる。そんな感じ。

続きを読む
posted by oeuf at 11:12| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 茶葉 feuille de the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駄茶(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
で、これが卵色日記 茶の話題の最後となります。やったーコピペ終わったー♪
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

駄茶 2005-01-17 06:30

内容を読む
posted by oeuf at 10:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弐之巻 - 味見できない茶屋・もらいものの茶(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

手元一つで茶の味変わる 弐之巻 ー 味見できない茶屋・もらいものの茶 2005-01-08 15:36

続きを読む

壱之巻 - 茶屋で茶を選ぶ(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

手元一つで茶の味変わる 壱之巻 ー 茶屋で茶を選ぶ 2005-01-08 14:15内容を読む

医茶同源?(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

医茶同源? 2005-01-08 13:55

内容を読む
posted by oeuf at 10:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶の種類 variete de the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まいった 美しい工芸茶(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

まいった 美しい工芸茶 2005-01-06 13:25

内容を読む
posted by oeuf at 10:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉 feuille de the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーアル沱茶(だちゃ)(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

プーアル沱茶(だちゃ) 2004-11-29 06:46

内容を読む
posted by oeuf at 10:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶葉 feuille de the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶への思い(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

さて、本当はもともとお茶のブログはここにありました。それをお引っ越しさせたのが2004-11-29 06:01なんですね。それでこんなコメントを書いています。リンクするほどでもないので再録だけします。



さて、いろいろ思うところがあって、茶のブログを全部移動することにしました。
茶飲みのプロフェッショナル(茶のプロじゃなくて、茶飲みのプロ)と称して活動すること7年、自分の中でそれだけを取り出せないんだなー生活に密着しすぎ、っていうのに気づいたことと、茶マニアさんより、普通の茶飲みの方にむしろ読んでほしいな、と思うことが多いと気づいたからです。
茶はストイックなものだけれど、うまく生活の彩りに加えていただけるための、矢印みたいなものを提供できたらな、と思っています。
posted by oeuf at 09:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶道具(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

茶道具 2004-11-21 05:47

内容を読む
posted by oeuf at 09:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己責任で海外に行くということ(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

自己責任で海外に行くということ 2004-11-13 05:46

内容を読む
posted by oeuf at 08:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶支度の体内時計(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

茶支度の体内時計 2004-11-10 05:44


内容を読む
posted by oeuf at 08:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリームティーにマーマレード(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

クリームティーにマーマレード 2004-11-05 05:43

(TB元の執筆者のひらたさんは長年の茶友達といいますか、よき友人です)

内容を読む
posted by oeuf at 08:31| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 茶菓子 gateau avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスから見た茶文化- le monde diplomatique -(過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

フランスから見た茶文化- le monde diplomatique - 2004-11-03 05:40

内容を読む
posted by oeuf at 08:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶の記事 nouvelle lie par the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠かせないというか (過去の卵色日記より)

まずは、ここまでに書いたいろいろな記事をカテゴリに分けて載せていこうと思います。
今も思いは変わってないし。
卵色日記 la vie en oeufに収録したものです。

欠かせないというか necessaire dans la vie 2004-10-18 19:07

内容を読む
posted by oeuf at 07:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶飲み話 bavardage avec du the | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。